閉じる
閉じる
閉じる
  1. フィンジアを定価ではなく格安で購入する方法
  2. フィンジアの感想をジャンル別にわけてみた結果こうなった!
  3. フィンジアの効果がない人はどういった肌質の人?
  4. 産毛が生えてきた!そんなときにフィンジアは有効?
  5. フィンジアとイクオスを併用するデメリットは?
  6. フィンジアとイクオス併用はやりすぎ?
  7. フィンジアが怪しいと思ってしまう。でも気になるという方に
  8. フィンジアって逆に悪評はどういうのがあるの?
  9. フィンジア使用中にアルコールは飲んでいいの?
  10. フィンジアを絶対的に最安値で購入するただ1つの方法
閉じる

フィンジアの効果を鬼女ちゃんねるが徹底検証

フィンジア使用中にアルコールは飲んでいいの?

フィンジアを使用している方の中にも、毎晩の晩酌が欠かせないといった方もいるのではないでしょうか。しかしフィンジアを使用しているなら、飲酒は控えたほうがいいでしょう。お酒が過ぎると毛髪への悪影響は避けられません。ここでは、アルコールを飲みすぎたときの悪影響を4つ挙げておきます。 血液の循環を悪くする お酒を飲むと顔が紅潮するので、血液の循環が良くなると考えている方も知るかもしれません。しかし、飲酒は血液中の水分を奪い血液循環を巡りを悪くします。このため毛母細胞へと栄養を届けるのを妨げてしまいます。なぜ血液の巡りが悪くなるのかと言うと、アルコールを分解するには水分が必要で、お酒を飲むと飲んだ量に比例して体の水分量は失われてしまうからです。これに加えて、アルコールは利尿作用を持つもので、尿で排出されさらに水分が失われます。

成長ホルモンの分泌を妨げる

また、髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を妨げることも懸念されます。成長ホルモンが分泌され、細胞の修復と成長が活発に行われているのは人が寝ている間です。飲酒が過ぎると肝臓でのアルコールの分解が追いつかず、アセドアルデヒドが体内に行き渡ることになります。飲酒をしたまま寝てしまうと、このアセドアルデヒドは交感神経を興奮させる作用があるので眠りが浅くなり目が覚めることもあります。睡眠から3時間が人の成長ホルモンが活発に分泌される時間帯なので、目が覚めてしまうと髪の成長にも当然良くありません。 薄毛の原因物質が増加させる “アセドアルデヒドは、薄毛の原因になるとされている物質のジヒドロテステステロン(DHT)を増加させる働きを持っています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと5aリダクターゼが結びついて生成されるものです。このジヒドロテストステロンは毛母細胞の成長を阻害し、このため髪がしっかりと成長する前に抜け落ちてしまい薄毛が進行していきます。フィンジアを使用している方の中にも、毎晩の晩酌が欠かせないといった方もいるのではないでしょうか。しかしフィンジアを使用しているなら、飲酒は控えたほうがいいでしょう。お酒が過ぎると毛髪への悪影響は避けられません。ここでは、アルコールを飲みすぎたときの悪影響を4つ挙げておきます。

血液の循環を悪くする

お酒を飲むと顔が紅潮するので、血液の循環が良くなると考えている方も知るかもしれません。しかし、飲酒は血液中の水分を奪い血液循環を巡りを悪くします。このため毛母細胞へと栄養を届けるのを妨げてしまいます。なぜ血液の巡りが悪くなるのかと言うと、アルコールを分解するには水分が必要で、お酒を飲むと飲んだ量に比例して体の水分量は失われてしまうからです。これに加えて、アルコールは利尿作用を持つもので、尿で排出されさらに水分が失われます。 成長ホルモンの分泌を妨げる また、髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を妨げることも懸念されます。成長ホルモンが分泌され、細胞の修復と成長が活発に行われているのは人が寝ている間です。飲酒が過ぎると肝臓でのアルコールの分解が追いつかず、アセドアルデヒドが体内に行き渡ることになります。飲酒をしたまま寝てしまうと、このアセドアルデヒドは交感神経を興奮させる作用があるので眠りが浅くなり目が覚めることもあります。睡眠から3時間が人の成長ホルモンが活発に分泌される時間帯なので、目が覚めてしまうと髪の成長にも当然良くありません。

薄毛の原因物質が増加させる

アセドアルデヒドは、薄毛の原因になるとされている物質のジヒドロテステステロン(DHT)を増加させる働きを持っています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと5aリダクターゼが結びついて生成されるものです。このジヒドロテストステロンは毛母細胞の成長を阻害し、このため髪がしっかりと成長する前に抜け落ちてしまい薄毛が進行していきます。ただお酒を飲むだけで、薄毛の原因物質を自ら生成してしまうというおかしなことになります。

髪の合成を妨げる

さらに、飲酒は髪の毛の合成を妨げる恐れもあります。髪の毛の成分の99%はタンパク質の1種ケラチンです。このタンパク質を作るために、食べ物から摂取したタンパク質を一度小腸でアミノ酸を分解して、その後肝臓でタンパク質に再び合成するというプロセスを経ます。そして、肝臓からケラチンは毛母細胞へと運ばれていきます。お酒を飲むと肝臓の働きが弱まるため、タンパク質の合成が正常に行われません。また、アルコールの分解には、ケラチンの合成に必要なアミノ酸を消費します。髪を太く育てるアミノ酸システインと、これを合成するメオニチンが失われてしまいます。

関連記事

  1. フィンジアはamazonで購入可能?

  2. フィンジアの返金保証は本物なのか

  3. フィンジアって逆に悪評はどういうのがあるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る